インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、なくなってしまった自然歯の代わりに、人工の歯を埋め込む歯科治療のことをいいます。
一度埋め込んだら、ほとんど自然歯と変わらない感覚になり、入れ歯やブリッジと違って異物感がありません。
手術が必要となるので躊躇する人もいらっしゃいますが、インプラントには40年以上の臨床実績があり、技術的には確立されているので安心です。

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを保てる
  • 失った歯の数が多くても、噛み合せの力が回復できる
  • 自分の歯のように見た目を保てる
  • 適切なケアをすれば、数10年単位で維持できる

インプラントのデメリット

  • 手術が必要で、治療期間が長期になる場合がある(術式、症状により短期も可能)
  • 状態によっては適用できない場合がある
  • 1本単位の価格で、費用が比較的高額になる
  • 定期的な来院メンテナンスが必要

治療をお考えの方へ

当院のインプラント治療では、最先端のコンピューターシステムSimPlant(シムプラント)を導入しています。これにより、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てていけるので、より安全性に配慮した安全かつ無理のない治療が実現しました。
また、インプラント治療では、人工歯根を埋め込むための顎の骨の状態が非常に重要になります。そのため、治療前に病院でCT撮影を行うようお願いしています。撮影は、画像の作成時間を入れて30分~1時間ほどで済みます。作成した画像は、SimPlantに取り込まれ、一人ひとりの顎の骨の硬さや形、神経の位置を詳細に把握できるようになります。

無痛インプラント治療

無痛インプラント治療

インプラントには手術が必要となりますが、無痛治療が可能です。そのため、手術の苦痛は大幅に緩和されるので安心です。

(1)笑気吸入鎮静法 笑気ガスを使用した鎮静法で、鼻から笑気ガスを吸入することで酒に酔ったような状態になり、恐怖心が少なくなり痛みに鈍感になります。時間感覚も鈍るので、治療が早く終わったようにも感じられます。

(2)静脈内鎮静法 麻酔を効かせて眠ってしまっているときに治療を行います。もっとも痛みを感じない治療法です。麻酔科医による全身コントロールを行うので、安心です。

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)は、4本のインプラントで12本の歯を支える、新時代の治療法です。
インプラントを埋め込んだ日に、すべての歯が装着できる最新のインプラント治療です。
総入れ歯をそのまま固定するような術式なので、部分入れ歯ではなく、総入れ歯の方に特におすすめできます。
難易度の高い治療ですが、最新のコンピューター解析により、安心して治療を受けられるようになっています。

All-on-4(1dayインプラント)のメリット

  • 少ない本数(埋め込みは4本)で済み、費用が軽減できる
  • 術後当日から自分の歯のように食事ができる
  • 歯列がすべて固定されているので違和感がなく、安心して会話ができる
  • 治療回数や治療期間が短くて済む

All-on-4(1dayインプラント)の治療の流れ

  • STEP1

    診断の上で、レントゲン写真、CT撮影をし、治療計画を立てます。
    その後、噛み合わせを確認し、仮歯の作成を開始します。
    ※状況により、術前の処置が必要となる場合があります。

  • STEP2

    麻酔をして、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
    インプラントを埋め込んだ直後は、しばらくお休みいただきます。

  • STEP3

    インプラントを埋め込んで数時間経ったら、仮歯を装着します。
    ※お口の状態により、仮歯の装着が翌日以降になる場合もございます。

  • STEP4

    インプラントの埋め込みから半年程度経過したら、ブリッジと交換します。
    審美性も高く、十分に丈夫なので、ご自身の歯の様にかめるようになります。

抜歯即時埋入法(抜歯即時インプラント)

従来のインプラントでは、インプラント体と骨の結合を待つ期間が必要なため、インプラント手術を行ってから噛めるようになるまで、平均で5カ月ほどが必要でした。
その期間、患者さまは歯がないため、生活上で不便を強いられてきました。
その問題を解決したのが、抜歯即時埋入法(抜歯即時インプラント)です。
この術式では、抜歯とインプラント埋入を同時に行います。そしてインプラントと骨が結合するまでは仮歯が入れられるので、歯がない期間がありません。
ただし、抜歯即時埋入法にはメリットとデメリットがあります。治療を受けるときは、あらかじめメリットとデメリットの両面を理解しておきましょう。

メリット

  • 治療期間が短い
    通院は最低4回で済みます。治療は約4カ月で終えることができます。
  • 歯を抜く処置だけの痛みで済む
    実際には無痛下で行うので、抜歯の痛みもありません。肉体的・精神的なストレスが少なく済みます。
  • 手術の回数が少ない
    通常のインプラント手術では、抜歯とインプラント手術を別々に行うので2回必要です。しかし抜歯即時埋入法では、1回に減らすことができます。
  • 見た目が美しくに仕上がります
    歯が抜けた状態が長く続くと歯肉が弱まり、美しく仕上がらない場合があります。抜歯即時埋入法ではその心配はありません。

デメリット

  • CTやレントゲン結果から、土台となる骨が足りない場合、インプラントを入れることができません。
  • 比較的に歯ぎしりの影響を受け、劣化しやすいといわれています。
  • 追加手術が必要になるケースがあります。

抜歯即時インプラントの治療の流れ

抜歯即時埋入インプラントは次のような流れで進めていきます。

  • 1回目 診断・レントゲン

    インプラントを埋め込むところ、口の中の骨がどのような状態になっているかを正確に把握することから治療計画を立てます。そしてその検査結果、治療計画を患者さまへしっかり伝えるようにしています。

  • 2回目 抜歯・インプラント埋入・仮歯

    問題のある歯を抜き、そこへインプラントを埋入します。そして仮歯も装着します。

  • 3回目 型取り

    しっかりした被せ物をつくるために、仮歯が安定したことを確認してから型取りを行います。

  • 4回目 被せる

    被せ物を被せ、噛み合わせに問題がないか確認します。
    最近では強度もあるジルコニアを選択する人が多いのですが、当院ではすべての選択肢を提示いたします。

他院でインプラント治療が難しいと言われた方へ

  • 当院では難しいインプラント手術にも対応しております。
    しっかりメリット、デメリットをお伝えした上での治療を行っており、他院で難しいと言わた方もよく来院さてます。そのため、難症例での手術経験も豊富で患者さまに見合った方法を提示させて頂きます。インプラント手術でお悩みの方はどんなことでもまずはご相談下さい。

ご予約・お問合せはお気軽に

お子さまからお年寄りまで、幅広い患者さまの診療を行っております。
お口や歯のことで何かトラブルや心配ごとがあったら、お気軽にご相談ください。

  • こあら歯科ブログこあら歯科ブログ
  • Medical DOC 当院が掲載されていますMedical DOC 当院が掲載されています
pagetop