審美治療・ホワイトニング

審美治療

審美治療

白く輝く健康的な歯には誰もが憧れるものです。しかし、人種や遺伝、体質により、必ずしも日毎のデンタルケアだけで白い歯になれるわけではありません。また、むし歯の跡がそのまま変色して残っていたり、以前治療した銀歯や金歯を白い歯に変えたいという人もいらっしゃるでしょう。

審美治療とは、そんな憧れの白い歯・美しい歯になりたいという願いを叶えるものです。当院では、一人ひとりの要望にマッチした最善の治療法をご提供します。

審美治療で使用されるセラミックのメリット

審美治療は、基本的に自費治療となります。審美治療で使用されるセラミック素材では、保険治療で使用されているレジン等の材質に比べ、さまざまなメリットがあります。

(1)審美性に優れている 保険治療で使用するレジンの場合、2~3年で変色してします。しかしセラミックは、変色や着色等の劣化が少ないといわれています。

(2)耐久性に優れている 保険治療で使用するレジンは変質しやすく、セラミックの方が耐久性優れています。

(3)むし歯になりにくい 保険治療で使用するレジンに比べ、むし歯の原因となるプラークがつきにくいため、むし歯になりにくいといわれています。

(4)金属アレルギーにならない 銀歯や金歯といった金属製の被せ物ではないので、金属アレルギーの人でも安心して装着できます。

セラミックインレーとは

セラミックインレーとは

むし歯治療などの歯の欠けた部分を埋める場合に用いる、セラミック製(陶材製)の詰め物のことです。
患者さまの歯と同じ色に合わせることができるので、周囲の歯との色の違和感がなく、自然な仕上がりになります。
また、金属やレジンに比べて耐久性にも優れ、再びむし歯になるリスクも少ないので、審美性と機能性を兼ね備えた治療法といえます。

こんな人にオススメ

  • 銀歯や金歯の詰め物が気になる
  • むし歯の治療跡をキレイにしたい

オールセラミック

半透明なオールセラミックを歯にコーティングし、自然な色調が表現できます。長期間の使用でも、天然歯のような健康的な美しさを保ちます。

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを掛け合わせた素材で、強度に優れているのでインレーに最適の素材です。

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンとは

むし歯や事故などで歯が欠けてしまったとき、歯の形を整えるために被せものをする治療方法です。
セラミック素材なので、透明感や色調に優れています。一人ひとりの歯の色目にマッチした、自然な歯に近く再現することが可能です。

こんな人にオススメ

  • 色と共に歯並びも治療したい
  • 歯のすき間や出っ歯が気になる
  • 一部分の歯並びを直したい
  • 変色した、さし歯をなおしたい
  • ひどいむし歯をキレイに治療したい
  • 歯ぐきの色をキレイにしたい

オールセラミック

金属で補強していた歯の内側部分を強化セラミックに変更し、さらにその上にセラミックを被せます。金属を一切使わないので、より自然な色調が再現でき、長い期間の使用でも変色しません。

メタルセラミック

歯の内側部分を24K(純金)で製作し、その上からセラミックを被せます。フィット感にすぐれ、支台歯との境目からの再度のむし歯(二次カリエス)も最小限に抑えられます。
歯ぐきの黒ずみが出にくく、明るい仕上がりになります。

ラミネートベニアとは

ラミネートベニアとは

歯の表面を削り、薄いセラミックを接着させて白さを表現する方法です。天然歯と見分けがつかないセラミックの特徴を生かせます。
歯の削除量は、表面のエナメル質にとどまるので、ほかの被せものよりも格段に少なくて済みます。それにより、麻酔や仮歯の必要もありません。また、前歯の隙間をなくして歯の並びを美しくすることもできます。

こんな人にオススメ

  • 歯の色を白く美しくしたい
  • 歯と歯のすき間を改善したい
  • 歯の形をキレイに整えたい

オールセラミックでのラミネートベニア

半透明なオールセラミックを歯の表面にコーティングし、自然な色調が再現できます。長期間の使用でも変色せず、天然歯のような美しさと白い歯の輝きを保ちます。

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を削ったり被せ物や詰め物をすることなく、歯の色そのものを白くする方法です。
歯の色が体質や遺伝でもともと黄ばんでいる、コーヒーなどの飲み過ぎで歯に色がついてしまった、病気や加齢で歯の色が黒ずんでしまったという、歯の色にコンプレックスを持っている人におすすめです。まずはお気軽にご相談ください。

※もともと歯の色が黒ずんでいたり、神経治療などで変色している人には、期待通りの結果が出ない場合があります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、自宅で行う「ホームホワイトニングと、歯科医院に来院して行う「オフィスホワイトニング」の2つがあります。

  • ホームホワイトニング…持続性に優れる
  • オフィスホワイトニング…速効性に優れる

それぞれにメリットがあるので、通常は併用が推奨されています。
ただし、当院のオフィスホワイトニングでは、最新機種のTioN In Office(ティオン)を導入し、その日のうちに効果を実感できます。

ホームホワイトニングの流れ

  • STEP1

    まず歯科医院で、歯と歯肉の健康状態を診察します。以前入れた詰め物の取り替えや、むし歯治療などもそのときに行います。
    その後、歯の型を取り、漂白ジェルを入れる患者さま専用トレーを作製します。

  • STEP2

    患者さまのご自宅で、ジェル材を流しこんだトレーを、患者さまご自身で装着します。
    なお、トレー装着前の歯磨きは必須です。歯を磨かないと、歯の表面に付着したプラークのせいで、ジェルの漂白能力が弱まります。

  • STEP3

    指定の時間経過したらトレーを外します。
    トレーは強く噛まないように注意してください。

  • STEP4

    清潔で柔らかい歯ブラシを使い、余分なジェルを取り除き、口をすすぎます。すすいだ水は飲まないで下さい。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

当院では、最新機種のTioN In Office(ティオン)を導入しています。
一般的なホワイトニングでは高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要があり、効果を求めるほど知覚過敏などのリスクが伴います。
しかしTioN In Office(ティオン)の新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2‐XNX)」により、過酸化水素濃度が低くても、高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させています。

費用

オフィスホワイトニング(1回) 40,000円
ホームホワイトニング(上、下) 30,000円
(上顎) 15,000円
(下顎) 15,000円

※上記は税別表示です

ご予約・お問合せはお気軽に

お子さまからお年寄りまで、幅広い患者さまの診療を行っております。
お口や歯のことで何かトラブルや心配ごとがあったら、お気軽にご相談ください。

  • こあら歯科ブログこあら歯科ブログ
  • Medical DOC 当院が掲載されていますMedical DOC 当院が掲載されています
pagetop